NEWS

~縁~八芳園2016 ✨試合レポート✨

2016年11月21日(月曜日)
港区白金台・八芳園本館「ジュール」

プロファイト二試合、アマチュアファイト三試合の全五試合、その全てがベストファイトに相応しい白熱の試合となった。

大会MCにはバンゲリングベイ・スピリット代表の新田明臣と、「青い目のサムライ」としてK-1ヘビー級で活躍、新田明臣の恩師にあたるニコラス・ペタス氏が登場。

また本大会では2020東京オリンピック・パラリンピックに向けたメッセージ性も強く、この日来場予定だったオリンピック金メダリスト三選手の登坂絵莉選手、川井梨紗子選手、さらには吉田沙保里選手より大会に魁けてVTRメッセージが送られた。
さらに経済産業省からは、東京オリンピック・パラリンピック役員の方々が多数ご来賓された。

▼第3試合 -79.83kg(ライトヘビー級) 3分3R

○OD・KEN(オーディー・ケン/ReBORN経堂/J-NETWORKライトヘビー級4位).
判定3-0 ※三者とも29-28
●寒川直喜(バンゲリングベイ・スピリット/元J-NETWORKミドル級王者、WPMF日本ライトヘビー級王者、初代M-1ライトヘビー級王者)

 キックボクシングで多くのタイトルを獲得するだけでなく、MMA、ラウェイなど様々なルールに挑戦し続けている寒川が昨年に続いての参戦、J-NETWORK、BOMなどのリングで活躍するODと対戦した。ODは12戦6勝(5KO)4敗2分の戦績を持つ。

 1R、開始早々にラッシュを仕掛けたODは、寒川をコーナーに追い込みパンチ連打を叩き込む。ひたすらガードして耐え続ける寒川は左ジャブで突き放すが、右ストレートをもらいダウンを喫してしまう。

 2Rは寒川が逆襲に出る。伸びのある左ジャブを何度もODの顔面に突き刺し、右ストレートを当てリードする。3Rも寒川が左ジャブから右ローも混ぜて巻き返しを狙うのに対し、鼻血を出しながらも前に出るODは左右フックなど大振りのパンチを返す。後半は寒川の巻き返しが目立ったが、ダウンの差は大きく判定負け。ODが格上の寒川を喰う番狂わせを起こした。 
試合後のプレゼンテーターはモデルとして活躍しているケリーが務めた。
また大会当日がケリーの誕生日だったということで、サプライズバースデーもイベントのフィナーレで行われた。

▼第2試合 -66kg 3分3R

○後藤洋平(NEXT LEVEL渋谷/有限会社ジェラード代表取締役/J-NETWORKスーパーライト級7位)
判定3-0 ※30-27、30-26、30-26
●松本篤人(バンゲリングベイ・スピリット/内閣府政策統括官 付参事官補佐/2008年J-NET全国トーナメントウェルター級優勝)

アメカジの自社ブランドJELADO(ジェラード)の代表取締役を務める、J-NETランカーの後藤と、東大卒のエリートキックボクサー・松本の“縁”ならではの異色プロマッチ。

 1Rから後藤が主導権を握る展開。左ストレート出しながら組み付いてヒザ蹴りで松本を圧倒。2R、松本はパンチで突き放そうとするが、後藤は組み付いて松本の攻撃を寸断していく。3Rには、後藤が右ミドルからテンカオを突き刺し、ヒザ蹴り連打でダウンを奪う。その後も距離を潰してひたすら組んでのヒザでリードする後藤が大差を付けて判定勝ちした。
嬉しい判定勝ちを収めた後藤には、モデルの高橋メアリージュンさんからメダルが贈呈され、華やかに有終の美を飾った。

▼第5試合 -62kg 2分2R

△城戸輝哉(スマサガ不動産株式会社代表取締役)
ドロー 判定1-0 ※20-19、19-19、19-19
△菊池誠晃(株式会社リアルワールド代表取締役社長)

今大会のメインイベントは、最後まで手に汗握る白熱の試合となった。
お互い代表取締役として活躍する傍ら、日々の練習を積み重ねこの日を迎えた。
城戸氏(以下、敬称略)のセコンドには、IT’S SHOWTIME世界61kg級王者の山本真弘選手。
菊池氏(以下、敬称略)のセコンドには、K-1 MAX日本王者に四度も君臨した小比類巻貴之選手。
両選手ともに豪華セコンド陣と、社員を含む大応援団の後押しを受け試合開始。

1R、ゴングと同時に城戸がパンチラッシュを仕掛けて菊池をコーナーに追い込み、あわやKO寸前にまで追い込む。
菊池は打たれながらも距離を取り戻し、テンカオ・前蹴りを突き返す。
勢いでは城戸、クリーンヒットでは菊池か。
お互いノンストップで1Rを終える。
2R、ゴングと同時に城戸がパンチ勝負、菊池は蹴りを合わせながら応戦。
お互い激しい打ち合いにより体力の消耗が見えてきたか、、少しずつ手数が減っていく。
しかし残り30秒、多くの社員の声が、想いが届いたのか。
お互い息を吹き返したように激しく打ち合い、最後はレフリーが両選手をかき分けるかのようにして試合終了、そして運命の判定へ。
大応援団も息を飲んで見守る中、結果はドロー。
会場内からは大きな拍手の中、プレゼンテーターは見事に昨年のメインイベントで勝利を収めた、ショップジャパン社長のハリーヒル氏から両選手にメダルが贈呈された。

▼第4試合 -72kg 2分2R

○永井好明(株式会社アールストア取締役/アトリエブックアンドベッド株式会社取締役)
KO 2R52秒
●脇丸俊郎(メドピア株式会社取締役)

アマチュアファイトでは唯一、お互いの意思によりヘッドギア無しで行われた漢気ある一戦。
この試合にも豪華セコンド陣。
脇丸氏(以下、敬称略)のセコンドにはDEEPライト級王者の帯谷信弘選手。
対する永井氏(以下、敬称略)のセコンドにはPRIDEウェルター級GP2006王者の三崎和雄選手。

1R、力強い左右フックを振り回す永井に対し、脇丸は身体ごとぶつかるようなプレッシャーをかけていく。
距離を潰していく脇丸に永井のアッパーが突き刺さる。
パワーの差で部が悪いか、永井のパワーパンチに脇丸は蹴りで応戦。
そこに永井のストレートが炸裂!
身体ごとロープへと吹き飛ばされ脇丸がダウン、明らかにダメージがあるが何とか立ち上がる。

2R、永井のパワーに圧倒されていた脇丸がリズムを取り返す。
蹴りだけでなくパンチも細かく合わせ、更には組み付き永井のバランスを崩す。
少しずつ試合の流れも変わろうとしたその一瞬!
またもや永井のパンチがクリーンヒット。
最後は脇丸が漢らしく崩れ落ち、レフリーが試合をストップ。
試合は永井の凄まじいパンチによるKO決着となったが、最後まで一歩も引かずに打ち合った脇丸には会場内からは絶賛の嵐。
この試合の締めくくりにも素敵なプレゼンテーター、クロスフィット人気カリスマトレーナーのAYAから両選手にメダルが贈呈された。

▼第1試合 -72kg 2分2R

○森道春(株式会社アーシャーエンタープライズ代表取締役)
判定3-0 ※20-19、20-18、20-18
●横山良和(横山公認会計士事務所 所長)

リターンマッチとなったこの一戦。
初顔合わせとなった9月の大会では、フィジカルで勝る森氏(以下、敬称略)と前に出続ける決して諦めない横山氏(以下、敬称略)の熱き一戦となった。
そして八芳園にて闘いの火蓋は切られた。

1Rと同時に森は右ローからパンチを混ぜて前に出る。
横山も必死にパンチを返していくがやや劣勢。
前回と同様の試合構図となってきた。
森は更にボディへの膝とバリエーションを増やしていく。

2R、後のない横山がワンツーで前進、前回はここから横山が盛り返してドローへと持ち込んだ。
しかし今回は森が上手く突き放してから右ローを当てる。
横山も必死に食らいつくが、手数でも森が上回り、判定で森に軍配が上がった。
最後はリング上で両者が称え合い、プレゼンテーターには俳優の川崎麻世氏より激励の言葉とメダルが贈呈され、このリターンマッチに幕が下りた。

またこの大会ではバンゲリングベイがこれまで交流ある各施設団体、遠くからは函館国の子寮、神奈川県川崎よりアイム、東京都からは国分寺AnnBeeの各施設関係者が来賓。
さらなる各施設の発展に向けメッセージを送った。