NEWS

K-1 WORLD GP初代ヘビー級王座決定トーナメント 試合結果。

この試合で優勝しても引退と決めていたKOICHI選手。
強豪のボウニ選手に打ち合いからのカウンターの左フックで豪快にKO負けでした。
第5試合 一回戦(4) 3分3R(延長1R)
⚫︎KOICHI(バンゲリングベイ・スピリット/WPMF日本ヘビー級王者)
KO 1R 0分20秒(左フック)
◎イブラヒム・エル・ボウニ(モロッコ/ジム・ハーレム)
今日までバンゲリングベイ・スピリット所属のKOICHI選手の応援。
本当にありがとうございました。
12年のプロ現役生活でした。
2008年にニコラスペタスさんのスピリットジムと、新田明臣代表のバンゲリングベイが合併してできた選手チーム「バンゲリングベイ・スピリット」。
バンゲリングベイの新田代表はキャリア・年齢共に上ですが、現役の時にニコラスさんに支持していた時にはすでにKOICHI選手は先にアマチュアとして先に所属していました。
ニコラスさんの弟子としてはKOICHI選手が先輩で、新田代表が後輩になります。
その経緯もあり2人の関係は今もお互いを尊敬し、お互い敬語で話をしています。
人としてもみんなから愛され、見た目の大きな身体とは裏腹に優しくいつも笑顔のKOICHI。
これからもバンゲリングベイのKOICHIの応援をよろしくお願いしますm(__)m
ニコラスペタスさんありがとうございました。
今日のチームKOICHIと。